空間を演出させる

アクアリウム水槽はインテリアになる|キラキラ熱帯魚HOUSE

人気の記事はコチラ▼

空間の変化

小さい魚

水槽の役割をしてくれるアクアリウムですが、ただ単に魚を飼育するだけでなく、インテリアとして楽しんでいる方も増えています。ライトも設置出来るため、好みの色を選んでレイアウトなども変えながら堪能することが可能です。

詳細記事へ・・・

立ちあげに関する情報

集団活動な魚

アクアリウムは最初、水槽の立ちあげをしなければなりません。砂や石など様々なものを設置するため大変ですが、専門業者もいるため苦手な方でもお手軽にアクアリウムを趣味にすることが可能です。

詳細記事へ・・・

デザインを決める

綺麗な水槽

デザインを考えるのもアクアリウムの一つです。水草や砂の種類などを把握することで、画期的な水槽に仕上げることが出来るでしょう。組み合わせによって雰囲気は大きく変わります。

詳細記事へ・・・

人気の水槽

水槽の平均的な値段の紹介

綺麗な魚

水槽は、魚や水の中の動物を飼育するものです。アクアリウムとも言われますがどチラも同じ意味です。アクアリウムの平均的な値段としては、180センチのガラス水槽ですと、高くても40万ほどでアクリル水槽は10万前後ほどと考えてよいです。アクリルは、傷がつきやすくコケの掃除をしただけでも傷になってしまうこともあります。一方ガラスは丈夫で硬く、透明感があります。これらの理由で二つには値段の違いができます。水族館で使用されているのはアクリルであり、高価なものは透明感があります。しかし、この値段もメーカーやガラスの種類によって違いますので自分で考えて購入しましょう。アクリルは膨張もするので定期的に交換をしなければいけません。

アクアリウムの金額の傾向

やはり、アクアリウムもサイズによって金額が変わります。幅30センチ高さ30センチのグラス水槽は、5,000円ほどで購入可能ですし材質とサイズにこだわらないというのならグラス水槽が安価です。アクアリウム業者の違いによって価格も変動します。高級水槽を扱うプレコでは、職人さんが1つずつ手で作成しており透明度も高い高透過ガラスを使用しているので価格は高いです。普通のガラスは少し緑がかっているので一目瞭然です。他にもシリコンの塗りかたやデザインがこの理由になっています。これらはブランドとして有名になっています。しかし、現在では職人さんは少なくなり機械で作る大量生産品が出回り値段的には安価なものがこれからの主流になると考えられます。